便當店的款待第二季 加載評論...
【又名】弁當屋さんのおもてなし シーズン2
【編劇】山本透
【導演】平尾由佳子 / 瀬戸川雄一
【主演】久保田紗友 / 飯島寬騎 / 戶次重幸
【類型】日劇 / 劇情
【首播】2024年01月13日
【集數】4集
【片長】30分鐘
【簡介】《便當店的款待第二季》舞台は夏の北海道。札幌の路地里にひっそりと佇む小さな弁當屋『くま弁』には、いつもと変わらない笑い聲が響いていた。料理人のユウ(飯島寛騎)、常連客の黒川(戸次重幸)、店主の熊野(山野久治)、そして、主人公のOL・千春(久保田紗友)。傷心のまま東京から転勤してきて半年あまり。『くま弁』はすっかり千春の居場所になっていた。 そして『くま弁』には「魔法のお弁當」を求めて、また悩める客が訪れる…。東京で成功した若手経営者、家出を繰り返す少女、誰にも言えない秘密をもつ姉弟、離れて暮らす千春の母…。客が抱えた、孤獨や葛藤、將來への不安に寄り添う千春とユウ。おせっかいな二人が作るお弁當で、客は生きる力と希望を取り戻していく———。 一方、千春にも自分と向き合うときが來ていた。東京への帰任の打診が來たのだ。自分が本當にやりたいことは何か。千春が最終的に選んだ生き方とは...
Recommended reading